TOP ▶ ▶ 先輩を知る ▶ ▶ 新分野開発室 商品開発マネージャー/管理栄養士

来店動機になるような名物商品を開発したい。来店動機になるような名物商品を開発したい。

足繁く全国各地を回って、
店舗スタッフ、生産者やメーカーとの
つながりを強化していく

■どんな仕事を担当していますか

 加工品、お惣菜を中心としたエブリイのPB商品の開発を担当しています。特徴的なのが、原材料ありきで商品を開発するということ。愛知、熊本などの産地卸売市場を回っておいしい野菜を仕入れ、それを使って商品化するのがメインの仕事です。

■今の仕事に就いたきっかけは?

正直に言うと、高校生のころは「スーパーで働きたくない」と思っていました。しかし、人事の方々と接するうちに、みなさん気さくになんでも正直に話してくださり、「こんな方々と一緒に働きたい」と強く思うように。また、大学で取得した管理栄養士の資格を活かして活躍できる場がここにはあると感じたため、第一志望の企業に内定をいただいていましたがお断りをして、エブリイに飛び込みました。

■この仕事のやりがいは?

 自分の考案した商品が売り場に並んで、お客さまにおいしいといっていただけることが一番のやりがいです。これまでに、カット野菜の“本日の畑から”をはじめ、カップサラダ、八宝菜、お野菜たっぷりさつま揚げ、瀬戸田レモンの果汁を使ったゼリーなど開発しました。管理栄養士としての知識と、食べることが好きなこと。それから最初に配属された惣菜部で、どのように製造されているのか作業の流れを知っていることが、私の強みですね。
 商品開発は、ずっとやりたいと思っていたこと。上司のみなさんからも、「どんどんやれ」とばかりに自由に挑戦させていただいているので、成果を出すことは大変ですが、日々充実しています。

■仕事で大変だった思い出は?

商品化するには、社内はもちろん、社外のメーカーや生産者のみなさんにご協力いただかなくては何もできません。配属されたときは、コミュニケーション不足で、なかなか意図が伝わらなくて困った経験があります。その後、顔を覚えていただくことが大事と、各店舗や市場と、精力的に日本各地を駆け巡りました。それを何カ月も続けたことで、「貞森さんのためならやるよ」と言っていただけるように。今では、会話の中から新しいアイデアが浮かんできたり、ピンチのときに助けていただいたり、人とのつながりの大切さを実感しています。大変な仕事ですが、今後の人生の糧になるような貴重な経験をさせていただいています。

エブリイになくてはならない
存在になれるよう
逃げない、挑戦を続けていく

■学生時代に学んだことで役に立っていることは?

 国家資格である管理栄養士の取得に向けて、食物栄養のことや健康について基礎からしっかり学んだことですね。また、大量調理器具を使った実習もありましたので、惣菜部で機材の使い方を一から教わる必要はありませんでした。こうした知識や経験は、惣菜を開発する面でとても役に立っています。

■仕事を通じて成長したところは?

 エブリイは、人がとても温かく、活気はどこのスーパーにも負けません。そんな中で、若手が活躍できる場がたくさんあるのがエブリイの魅力です。実際、入社4年目の私もマネージャーに就任させていただき、期待していただいていることを実感しています。
しかし見方を変えれば、経験の少ない若手にとって、身の丈以上のことを求められるプレッシャーはとても大きいものです。それに負けない粘り強さが必要だと思います。
私だけでなく、年齢問わず、若くても社長や幹部の前でプレゼンをする場を与えられるので、プレッシャーに負けなければ、ちゃんと頑張っている人にスポットを当ててもらえる、働きがいのある企業だと感じています。
異動したてのころは本当に大変でしたが、いろいろ経験する中で少しずつ、自信が付いてきました。周囲からは“貫禄が付いた”といわれています。

■今後の目標を教えてください

 エブリイの“武器”になる商品をつくる。これが目標です。お客さまに愛されるお店づくりをスタッフ全員が行っています。それをさらに高めていくためにも、来店動機になるような他社と差別化できる、おいしい商品をつくりたいと思っています。
 また、私自身、いてくれてよかったといってもらえるような存在に成長していきたいと考えています。

■就活中の方へメッセージ

 就職活動では、緊張される方が多いと思います。ですが、自分を飾らず、素直な思いを伝えるようにしてもらいたいですね。
私も就職活動を始めたてのころは、話すことを事前に決めてテキストを読むように話していました。そんな面接をした企業からは採用をいただくことはありませんでした。やはり、自分を出して、思いを率直に伝えた企業からは、いいお返事をいただいています。それに、本音を隠して入社してもきっと悩むことが増えていくと思います。本当に好きなことを仕事にするためにも、自分は何をしたいのかしっかり考えて、その思いを伝えられるように失敗を恐れずチャレンジしてください。

入社後のキャリアステップ入社後のキャリアステップ

インタビュー・こぼれ話インタビュー・こぼれ話

休日の過ごし方

行きたいと思っていたカフェや雑貨店を巡って楽しんでいます。食べることが好きなので、食べ歩きも楽しみの一つ。
また、仕事から頭を切り替えるためにも、春は花見、夏は海水浴、秋は紅葉狩り、冬はイルミネーションと季節を感じるところに出かけてリフレッシュを。食以外のこともしっかり楽しんでメリハリのある生活をおくっています。