TOP ▶ ▶ 先輩を知る ▶ ▶ 駅家店 ミートデリカリーダー/精肉チーフ

自分で考えて、自分で動く。接客の楽しさを実感しています。自分で考えて、自分で動く。接客の楽しさを実感しています。

スタッフと力を合わせて
お客さまに楽しんでいただける
売り場づくりを

■どんな仕事を担当していますか

 駅家店で精肉業務と肉を使った惣菜コーナーを担当しています。エブリイでは、鮮魚や精肉、惣菜など、各売り場の専門店化を図っており、当店の精肉部門は、"肉匠たなか"という屋号を掲げ、品質の高い美味しいお肉をご提供させていただいています。「肉をただ売るのではなく、“おもしろおかしく”売れ」をモットーに、見て楽しみながらお買い物いただけるよう工夫を凝らします。和牛をはじめ、あらゆる畜種を扱い、魅せ筋でお客様に足を止めてもらい、部位にあった食べ方やメニューの提案に力を入れています。

■今の仕事に就いたきっかけは?

 以前は、大手流通会社で働いていました。そこではバイヤーや統括マネージャーが仕入れたものを決められたカタチで販売しなくてはならず、自分で考えなくていいのは楽ですが、面白さにかけていたため転職。出身地である鹿児島に帰って、営業職に就きましたが、売り上げの数字ばかりを問われ、正直疲れ果ててしまいました。そんなとき、妻の故郷、広島県に戻ろうという話になり、職探しのためにネット検索で見つけたのがエブリイでした。面談にて、「エブリイではスタッフ自らが買い付けをし、自分が納得したものを売っている」という企業方針を聞き、「私の居場所はここだ!」と直感。正直なところ、以前勤めていた大手流通会社と比べると給料は下がるのですが、やりがいを求めて入社しました。

■この仕事のやりがいは?

 駅家店の精肉部門である肉匠たなかでは、自分たちが納得したものだけを販売しています。自信があるからこそ、マイクを使って声掛けする声にも自然と力が入ります。  そして“楽しく売る” “見せて(魅せて)売る”が当店の真骨頂。例えば、丸鶏をぐるぐると回してグリルするところをお客様に見てもらいます。その演出でうまく美味しさが伝わり、クリスマスの日には、他社では数羽しか売れない丸鶏ローストも当店では120羽を売り切ってしまいます。お客さまの心をキャッチすることで商品が売れる、その実感がこの仕事のやりがいです。
 また、お客様から「教えてくれた食べ方、本当においしかったわ」とわざわざお礼を言ってもらえたり、「あなたからしか肉は買わないわ」と言ってくださるお客さまもできて、本当にありがたく商人冥利に尽きます。

人と人の気持ちがつながったとき
商品が売れる。ヒットが生まれる。

■仕事で大変だった思い出は?

ミートデリカでは、肉を使った惣菜を販売していますが、自分ではおいしいと思っているものがあまり売れなくて最初は大変でした。そこでパートさんたちに声を掛けて、しっかり意見やアイデアをもらうことで商品開発を進めるように変更を。すると、主婦のみなさんから好評をいただくヒット商品が生まれました。今では、部門のみんなと納得できるまで話し合い、おいしいと自信の持てるものだけをお客さまにご提供するようにしています。

■エブリイの強みは?

失敗してもいいからやってみよう、という方針のおかげで、何事にもチャレンジさせてもらっています。常日頃から、お客さまを楽しませるには、満足させるにはどうすればいいのか、必死に考え行動しています。 また、人を大事にしているところもエブリイの素晴らしさです。経費削減のため、真っ先に人を減らす会社が多い中、エブリイは“人”で売っています。どんなに鮮度がよくおいしい商品でも、売る側に“鮮度”がなければ絶対に売れません。また、何も言わなくても売れるものは、どこの店でも売れるもの。差別化にはなりません。鮮度がいい人とは「自分が売っている商品が本当に好きで、それを笑顔で勧められる人」のこと。そんなスタッフがそろっているからこそ、エブリイでは売れる商品がたくさんあるのだと実感しています。

■仕事を通じて成長したところは?

 これまで勤めてきた企業では、上司はダメなところを指摘する人ばかりでした。しかしエブリイでは、いいところをわざわざ探して褒めてくれます。代表や社長も率先して「ありがとう」を社員に伝えてくれます。その温かい一言、一言がとても嬉しく、今までダメだと言われていた自分が、「ここにいてもいいんだよ」と言ってもらえているようで、本当に救われました。私も、一人でも多くの人に「ありがとう」を言えるように、目配り、気配りができる人間に成長していきたいと考えています。

おいしい肉惣菜を作って、
支えてくれたみんなに恩返ししたい。

■今後の目標を教えてください

 他の企業では縮小傾向にあるミートデリカ。ひと手間、ふた手間かかる分、“人で売る”エブリイならそれを強みに「本当においしい肉惣菜」を作れると思います。そして、これまで私を支えてくださったメーカーさん、スタッフ、パートナーさんなどに恩返しするのが目標です。
“おいしい”を共感できる仲間を増やし、お客さまにも最高の美味しさをご提供することで、さらにどんどんファンが増えていくように頑張ります。

■求職者の方へメッセージ

 転職するには、みなさんさまざまな理由や事情があると思います。私も、苦しみもがいた経験がありますので、共感できる部分もきっとたくさんあるはずです。今まで失敗ばかりで下向き加減になってしまっている方も、エブリイには居場所がきっとあります。一緒にお客さまを喜ばせていきましょう!

入社後のキャリアステップ入社後のキャリアステップ

インタビュー・こぼれ話インタビュー・こぼれ話

休日の過ごし方

食べることが好きなので、コンビニの新作は必ずチェックしています。おにぎりやパン、スイーツなど、どんな人がどういう思いで、どう工夫を凝らして作ったのかを想像しながら食べるのが楽しみです。