TOP ▶ ▶ 先輩を知る ▶ ▶ 高松レインボー店 惣菜部チーフ/高松地区統括

難しいから、面白い。自分発信で、売り場の成功モデルをつくりたい!難しいから、面白い。自分発信で、売り場の成功モデルをつくりたい!

部門を超えて、店舗で一丸となり
目標を達成する喜びは大きい。

■どんな仕事を担当していますか

 惣菜部のチーフとして、主に数値管理や販売計画を立て、売り場運営を任されています。
 スタッフは社員3名、パートさん14名の計17名が製造から陳列、声掛け、清掃と忙しく働いています。私も、タイムサービスではお客さまにお声掛けしたり、朝と夕方で陳列を替えたりと、現場に立って共に汗を流しています。また、チーフとして、みんなが楽しく働ける環境づくりにも注力しています。

■今の仕事に就いたきっかけは?

 専門学校を卒業後、就職して2年間、接客・調理の仕事をしていました。エブリイを見つけたのは、ハローワークの求人です。もともと販売業の勉強もしていましたし、今までやってきた調理のスキルを活かせるのではと関心を持ちました。それまでエブリイにあまり足を運んだことがなかったため、改めてお店を覗いてみると、他のスーパーにはない活気があり、また惣菜コーナーではマイクを使って商品のPRをしている光景を始めて見て、“面白い”と率直に感じました。その後、会社説明会に参加し、いろいろなチャンスがあること、がんばれば伸ばしてくれる企業だということを感じて入社を決意しました。

■この仕事のやりがいは?

 エブリイは個店主義。それぞれの店舗に決裁権があって、チーフがそれぞれの思いで売り場をつくることができます。そのため、広告商品以外にも「今日はこれを売ろう」と決めたら、部門を超えてみんなで協力し合い、しっかり売っていくこともしばしば。それが上手くいって成果をあげたときは、とてもうれしく、やりがいを感じます。
 以前、節分の日に「巻き寿司」を売るぞ!となったとき、目標の1.2倍も売上げることができました。店全体で協力するその一体感は、本当に気持ちがいいですし、充実感を得ることができますね。

誰にでも、チャンスをくれる会社です。
貴重な経験が、自信ややる気に変わります。

■仕事で大変だった思い出は?

 調理には自信があったので、正直余裕だと思っていました。しかし、いざ現場に入ると、今までと逆のことを求められます。というのも、飲食店では注文を受けて調理をしますが、惣菜コーナーは前もってお客さまが欲しいと思われるものを考えて、作っておかなければなりません。お客さまが欲しい商品を欲しい時間に提供するため、入社当初は、ひたすら作り続けた、という記憶が残っています。
 今は、売上を確保し続けることはとても難しいことだと感じています。先週売れたものが今週は売れないなど、自分の計画通りになかなか進みません。重点的に製造したものが全く売れなくて、お店に迷惑を掛けてしまったこともあります。
 どうすればお客さまに満足してもらえるか、どうすればお店に貢献できるか、必死に考えながら毎日働いています。心掛けているのは、曜日ごとにお客さまが何を買われているのかをしっかり確認すること。さらに、たくさん売上げるグループ店では何を売っているのかをベンチマークしながら、売り場をつくっています。

■エブリイの強みは?

 エブリイの強みは、やはり活気ですね。来店されたお客さまが楽しんでお買い物をされるよう、一番心を配っています。
 惣菜コーナーでは、触ったときに“温かい”と温度が伝わること。出来立て商品をお届けすることが大事だと考えています。売り場でマイクを使って商品をオススメしていると「お兄ちゃん、声がいいねえ」と褒めてくださることも。また、お客さまから「あれが食べたい」などいろいろアイデアをいただくこともあります。こうしたやりとりができるのもエブリイの良さ、魅力ですね。
 いただいたアイデアをもとに、惣菜スタッフ全員で味付けを考え、試食をして「どう思う?」「これ、いくらなら買う?」など話し合うのは、もう日常のワンシーンになっています。パートさんからは主婦目線で評価をもらえるので、本当に助かっています。とてもチームワークの良い店舗です。

■仕事を通じて成長したところは?

 新店舗の立ち上げに携わらせてもらいました。当時は、部門長になってまだ半年も経っていないときで、立ち上げはもちろん経験したことがなく、何をどうすればいいのか全く分かりません。とにかく、目の前にあることをこなしていくことで精一杯です。
 オープンの1週間前からはなかなか寝付けず、夢でうなされることも。オープンしても誰も来ない、売る商品が全然できていない、など悪夢で夜中に目が覚めるほど精神的に大きなプレッシャーを感じていました。そしてとうとう迎えた開店日。周囲のみなさんにフォローしていただいたおかげで、無事クリアすることができました。チーム力の大切さを改めて実感した瞬間です。
 また、立ち上げ準備期間には上司の方から励ましの電話を頂くこともしばしば。会社の期待に応えようと奮闘する私を気遣ってのことです。小さなやりとりですが、とても温かく、そしてとても心強く感じました。  こうした人を想う姿勢がエブリイの良さではないでしょうか。

与えられた役目、目標を成し遂げ、
売上に貢献できるように成長したい。

■今後の目標を教えてください

 まずは、地区統括として目標数値を達成することです。
 これまでいろんな方に支えていただき、成長させてもらいましたので、その恩を少しでも返したいと思います。例えば、今までグループ店の成功事例を参考にさせていただいていましたが、今度は他店の参考になる「松本流」の成功モデルを作り、エブリイ全体の売り上げにしっかりと貢献したいです。合わせて、自分らしさを発揮しながら、お客さまやスタッフに楽しんでもらえる職場環境をつくっていきたいと思います。

■就活中の方へメッセージ

 エブリイは、明るく元気で活気のある会社です。まずは、笑顔で挨拶ができるということが大事ではないかと思います。
 そして、謙虚に学び、人を大切にする心を持つこと。これは、働いていると自然と育っていく部分もあると思います。エブリイは、社長や役員との距離も近く、企業の方針、理念が浸透しやすい環境にあります。1つの店舗だけでなく、横のつながりも強く広がっていますので、年齢に関係なく、みんながあなたの成長を見守ってくれますよ!

入社後のキャリアステップ入社後のキャリアステップ

インタビュー・こぼれ話インタビュー・こぼれ話

休日の過ごし方

休日は、ショッピングに行くか、自宅でテレビを見るなど、のんびりリフレッシュする時間を取るようにしています。とはいえ、友人においしいと紹介してもらったお店に行ってみたり、ショッピングモールを歩けば「あれは仕事で使えるかも」とリサーチしたり。休日でも、仕事モードからきっちり切り離すことは少し難しいんですよね(笑)