TOP ▶ ▶ 先輩を知る ▶ ▶ 緑町店 鮮魚 チーフ

エブリイ一筋。鮮魚一筋。地域に愛されるお店づくりを。エブリイ一筋。鮮魚一筋。地域に愛されるお店づくりを。

一人ひとりが考え行動するから
エブリイは他社にない、 “鮮度”がある。

■どんな仕事を担当していますか

 鮮魚部門の売上粗利管理をはじめ、部門の運営、部下の育成にあたっています。具体的には、朝5時ごろには卸売市場へ行き、魚の仕入から、売価付け、そして売り場づくりや販売方法まで、鮮魚部門の運営の一切を任されています。
 部下の育成については、新入社員からパートの方々まで、全員が一つでも上に昇格できるよう、自ら考えて行動できるよう指導しています。

■今の仕事に就いたきっかけは?

 高校生の時、エブリイでアルバイトをしていました。そこで、先輩方の人柄、店舗の雰囲気にひかれて、高校卒業後すぐに入社。今年で11年目になりますが、もうエブリイ一筋、鮮魚一筋です。

■仕事で大変だった思い出は?

 入社したばかりのころ、文字が下手過ぎて必要数の10倍もの乾物を発注してしまったことがありました。同じ失敗を二度と繰り返さないよう、発注書は何度も確認するよう心掛け、凡ミスを一切なくしました。
 最初の配属先は小さな店舗でしたが、その後どんどん大きな店舗へ異動、サブチーフからチーフへとステップアップさせてもらっています。その期待に応えようと、昨年度末は、売上目標を前年の1.5倍に設定、そして見事達成することができました。本当にうれしかったです。
20数名を束ねる今、スタッフ一人ひとりとコミュニケーションを取るのはなかなか難しいのですが、高い目標を達成するためにも、仲間としっかり話し合い、協力しあって頑張っていきたいと考えています。

■この仕事のやりがいは?

 目標売上を達成することが、私の一番の任務です。値段の付け方ひとつでお店全体の売上が大きく変わるので、責任は重大です。でも、守りに入るのではなく、常に新しいことに挑戦するのがエブリイらしさ。創意工夫しながらの仕事はとても楽しく、大きなやりがいを感じます。
 また、最初はできなくても、指導したことが一つひとつできるようになっていくスタッフの姿を見るととてもうれしくなります。鮮魚部門では、魚を何切れに切ってパック売りにするのか、担当者が自分で考えるようにしています。上から言われたから、というのではなく、自ら考えて行動するからこそ成長し、やる気も違ってきます。そして商品に愛着を持ち販売できるようになっていきます。 あわせてお客さまとのコミュニケーションも大事にしています。例えば、「一切れだけで販売して欲しい」という声に応えて、小包装にして販売すると、他のお客さまにも喜んでいただき定着した商品もあります。これからもお客さまの声にしっかり耳を傾け、よりよいお店づくりにつなげていきたいです。

負けず嫌い。
だからこそ、失敗を糧に
真摯に学び、そこから成長を。

■エブリイの魅力は?

 自分で考え、自分の責任で何でも挑戦させてもらえる環境があります。もちろん、失敗すると怒られますが、「失敗をきちんと分析し次に活かせることができればいいよ」と、挑戦したこと自体を叱る先輩は一人もいません。逆に成功すると、きちんと評価してもらえます。自分も成長を実感できるので喜びは倍増です。
 エブリイが他社と大きく違う点は“売り切れ御免”をモットーとしているところ。他では、商品を山積みしているお店もありますが、当社は鮮度が第一!商品の鮮度、働くスタッフの鮮度はどこにも負けません。自分で仕入れたものは、自分の力で売り切る、残さない、を徹底し、商人魂を持って店先に立つので、自然に活気が溢れ出てきます。
 また、社員は全員、勉強好きの集団です。私も負けないように、成功しているグループ店をのぞいたり、ヘルパーとして入らせてもらいながら、どこが違うのか、学ばせてもらうこともしばしばです。 また、スタッフ全員、上を向いて人間力をお互いに高め合う環境も。特に緑町店は、若いスタッフが多く、「もっと教えて欲しい」という熱意もあり、教え甲斐がありますね。

■仕事を通じて成長したところは?

 私は、人と話すことが苦手でした。すぐに話すことはできるようになりましたが、聞くことが難しくて。苦手意識を持たないよう心掛けて、積極的に接することで、今では部下の話にしっかり耳を傾けられるようになってきたと自負しています。
 エブリイは、入社1年目でも包丁を握らせてもらえます。通常は2、3年目ぐらいで持たせてもらえることが多いので、当社はその分、責任感も技術の成長も早いと感じています。私が入社した当初は、先輩を見て技を盗め、といった雰囲気で、基礎から学ぶ機会はなかったのですが、現在は研修制度も充実し、新人含め、私たち10年以上勤めている社員も改めて基礎から学ぶことができます。私自身、我流でしてきたことを学び直すことで、いろんな気付きを得ることができています。

産地と直接つながりを取り、
鮮度のいい、とびきりおいしい魚を
提供したい。

■今後の目標を教えてください

 常日頃、お客さまが食卓を囲むシーンを想像しながら仕入れて、お店に並べるようにしています。今後チャンスがあれば、産地と直接取引をして、産地の方と対話しながら、より鮮度の良いおいしい商品をお客さまに届けたいです。
実際、漁業は後継者不足で市場の魚が減ってきています。よりよい商品を求めて、なるべく早く行動に移していきたいですね。

■就活中の方へメッセージ

 エブリイは勉強熱心な人が多い会社です。頑張り屋で、いつも笑顔が絶えないような人は、エブリイに向いています。
 慣れない作業で最初は大変だと思いますが、続けていくと、結果が出て、必ず仕事の中に楽しさが見つけられます。ぜひ、一緒に、エブリイで働きましょう!

入社後のキャリアステップ入社後のキャリアステップ

インタビュー・こぼれ話インタビュー・こぼれ話

休日の過ごし方

家族と過ごす時間が楽しみですね。休日は、しっかり寝るので、2歳になる息子に起こされて、公園に行って遊ぶのが習慣になっています。
趣味は、車です。昔から好きで、独身のころはスポーツカーに乗り、足回りをいじって走らせていました。エブリイに勤めていなかったら、車関係に進んでいたかもしれませんね。