メッセージ
メッセージ

『食で生活を豊かに』ここからはじまった。エブリイホーミイグループの原点。『食で生活を豊かに』ここからはじまった。エブリイホーミイグループの原点。

創業者・澤田嘉康は尾道で酒卸事業の澤田商店を営み、福山ではファミリーレストランでさえ珍しかった1977年に別会社を設立し、郊外にイタリアンレストランと100席もの宴会場を有する飲食店を立ち上げるなど、商売の先見性に優れていました。紆余曲折はありましたが、商売を通してご縁を頂いたことで、澤田嘉康は夕食材料宅配を創業。のちにグループの中核企業となるスーパーマーケットも創業しました。両事業の発展と共に外食事業へも挑戦し、先代・岡﨑雅廣によって、事業所向け給食宅配、商品企画・通販など現在のグループに至る発展につながりました。

1950

有限会社ヨシケイ福山設立

ヨシケイ創業時のシンボル

澤田嘉康が代表取締役社長、岡﨑雅廣が専務取締役として、夕食材料宅配のヨシケイグループフランチャイズに加盟し、有限会社ヨシケイ福山を創業。現在のエブリイホーミイグループの源泉となる歴史が始まります。

女性の社会進出を背景に、食卓を支える新しいヨシケイビジネスのスタート。

ヨシケイ福山が創業した当時、ファミリーレストランで食事をすることがニューファミリー層のステイタスであり、共働き世帯も増え始めた時代でした。献立を考える手間を省き、栄養バランスが計算されたヨシケイのレシピ付メニューで、家族の健康のサポートと、働く女性や主婦を応援してきました。また、全国のヨシケイグループに先駆けて、いち早く安心安全な食提供にも対応。現在毎日180台のスマイリー号が、ご家庭まで26,000食の食材をお届けしています。